社業を通じてお客様を満足させ, 感動させ, お客様から心より感謝され, 尊敬される企業を目指す

社是実現マップ.png

創業以来60余年、私たちは機械加工による機械部品の製造に従事して参りました。  

精密機械の品質は部品の品質で決まるー。  

私たちはその確固たる信念を持って、「東洋精機ならでは」とお客様に感心していただけますようなものづくりを目指して、日々精進しております。  『ものづくり』を通して、人とつながり、社会とつながり、より豊かな世の中の実現に貢献していきたいー。  私たちはその情熱と決意を持って、これからも時代の変化とお客様からのニーズに対応できる人材、技術力、設備をより一層充実させていき、独自性のある企業価値の構築と拡大に努めて参ります。  

今後ともより一層のご支援・ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

有限会社東洋精機製作所

代表取締役社長

島田曉忠

経営

『顧客の満足と繁栄』

㈲東洋精機製作所は、機械加工を中核とした事業活動を行う上で、自社の技術力・組織力をもって顧客の満足を実現し、顧客の更なる繁栄に貢献できることを目指します。

『パートナー企業の発展と幸福』

パートナー企業と健全かつ建設的な協力関係を保ち、互いの共存共栄を目指します。

『社員の成長と幸福』

経営者及び社員全員が、いかなる時も『利他心』と『向上心』の精神を忘れずに、互いを尊重し合い、切磋琢磨し、一流の成長型企業組織の実現を目指します。

『地域・国家への貢献』

科学技術の進歩が著しい現代においても、決して停滞・退化することなく、常に法律を遵守し、礼儀礼節を重んじ、国内外に広く知識を求め、事業推進に最大最善の努力を傾け、地域と社会への貢献を目指します。

短中期経営FY2019

【目的】「目にみえる部分」と「目にみえない部分」の双方において他社のモデルとなれる組織をつくりあげる。

この目的を実現するため、以下の5項目を会社の短中期経営方針に掲げ、具体的・達成可能・現実的・期限付き・測定可能な経営目標を定め、向上心のある社員にとって働きやすい・頑張る動機を見いだせる職場環境の整備を全社ですすめながら、更なる業績の向上を目指す。

果直結5S+改善推進活動の実施・継続:整理・整頓・清掃・清潔・誠実・洗練

●成果直型の社内教育の実施・継続

●成果直結型の多能工化促進の実施・継続および最適かつ頑丈な生産体制の構築

●成直結型の独自評価システムの実施・継続

果直結型の製造ネットワークシステムの構築と拡大

会社情

商号:有限会社 東洋精機製作所 

​英語社名:TOYO MECHANICA Inc.

本社所在地:〒604-8483

京都市中京区西ノ京南上合町103    

設立年月日:

昭和28年(西暦1953年)9月30日

代表者:代表取締役社長

島田曉忠(シマダアキタダ)

従業員数:30名(平成31年3月現在)

資本金:1,000万円(平成31年3月現在)​​

事業内容:精密機械等の金属及び樹脂部品の加工および組立 

作業確認を徹底し、正確・確実・迅速にプロ意識をもった仕事を行うこと。

職場はプロフェッショナルな空間であることを自覚し、私情を挟まず社員同士協力し合うこと。

因習に囚われず、合理的な社内環境の改善につとめること。

自分がチームの為に何をすべきか、なぜそれをすべきかを常に考えて行動すること。

自分たちの一つ一つの仕事がお客様を感動させられるレベルにあるのかを常に自問すること。

ビジネスプロセスマップ(有限会社東洋精機製作所)
組織構成図とビジネスプロセスの関係(有限会社東洋精機製作所)
5S改善推進体制(有限会社東洋精機製作所)